自立訓練(生活訓練)

HOME > 自立訓練(生活訓練)

■ 自立訓練(生活訓練)MENU ⇒

自立訓練(生活訓練)・宿泊型自立訓練併設事業所
「すまいるライフ」ってどんなところ?

主に精神障がいや知的障がいのある方を対象としています。

その様な方達に、起床・食事・プログラム参加・就寝、一定の生活ルールの中で日常生活に必要な知識、技術、服薬管理を身に付けるための支援を行い、共同生活をしていく施設です。宿泊型自立訓練と併用して利用することも、通所の利用でも、どちらでも可能です。

プログラム

炊事・洗濯・身だしなみなど、日常生活に欠かせないプログラムを行っています。

また、映画鑑賞会・絵手紙教室・地域行事などの集団生活・地域交流・社会参画に必要な知識や技術を習得するプログラムも行っています。すまいるライフでは今後の生活に繋げられるようなプログラム、個人の生活状況に応じたプログラム編成を行っています。

生活スキルトレーニング

すまいるライフではプログラムの一環として、毎週金曜日に「生活スキルトレーニング」を行っています。生活の中での役に立つ情報や社会勉強の場として講義やディスカッションの形で一緒に勉強する場を開いています。

施設

居室は一人部屋になります。食事は3食の提供がありますが、日曜日のみ提供がないので利用者様ご自身で用意することになります。浴室は共用で、決められた時間内であれば自由に使うことができます。

退去後の行き先

すまいるライフは利用期限が原則2年間と決められています。その後の行き先はグループホームやアパート、自宅など利用する方によって様々で、利用者様の意向に沿って探していきます。

ご利用の流れ

見学

施設にお問い合わせいただき、日程調整を行います。

体験利用
申し込み

見学時にお渡しする書類3点“医師意見書・対象者状況表・クライシスプラン”を用意ください。
それらの書類を基に、体験利用の検討会を開き体験の可否を判断させていただきます。
体験利用申し込みの際は、ご本人から直接の受付は行っておりませんので関係機関からの
申し込みをお願いします。

体験利用
開始

体験にかかる費用は1泊2日で一律2,000円となります。

体験利用
終了

入居を希望される場合、入居に向けての会議を開催させていただきます。
ご希望に添えない場合もありますのでご了承ください。

入居決定

入居に向けて必要な打ち合わせを行い、準備を進めていきます。


1日の流れ(一例)
6:30   起床
8:00 朝食
10:00 午前のプログラム
12:00 昼食・服薬確認
13:00 午後のプログラム
15:00 自由時間
16:00 入浴(女性)
18:00 夕食・服薬確認
18:30 入浴(男性)・服薬確認(就寝薬)
20:00   共有室消灯
22:00   就寝・消灯
入居した場合の1カ月費用(一例)
施設利用料   27,000円
食材費  25,000円
日用品費  18,000円
 70,000円 

※別途電気代が加算されます。
入居時のみ、『借家人賠償責任保険料』が別途発生いたします。

お問い合わせ

事業所紹介ページのお問い合わせ番号を参照ください。

© Japan Welfare Support Association

ページの先頭へ